東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

秋元被告、賄賂受領を否定 会見「来月から国会に復帰」

記者会見する衆院議員の秋元司被告=14日、衆院議員会館で

写真

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員の秋元司被告(48)=東京15区=が十四日、衆院議員会館で逮捕後初めての記者会見を開き、「賄賂を受け取ったことは一切ない。裁判では起訴内容すべてを否認し、無罪を勝ち取る」と争う考えを明らかにした。

 昨年十二月二十五日の逮捕から四十九日ぶりとなる十二日に保釈された秋元被告。議員バッジを着けたスーツ姿で、逮捕前よりやせた面持ちで会見場に現れた。約百人の報道陣を前に「地元江東区の皆さまに、ご心配をおかけして申し訳ない」と頭を下げ、「特定の事業者に便宜を働くことは断じてない。贈賄側とされる事業者とも、非難されるような癒着した関係にはない」と訴えた。

 秋元被告はIR担当の内閣府副大臣時代、IR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から計五百万円を受け取り、中国や北海道への旅行代計約二百六十万円相当を負担してもらったとされる。

 会見では「旅行代は当時の秘書に支払うよう指示していた。接待旅行という認識は全くない」と説明。現金受領については「絶対にありません」と語気を強めた。今後は「まずは体調の回復に力を入れたい」とし、国会復帰は三月ごろになると言及。野党には証人喚問を求める動きもあるが、「裁判に専念する」とだけ述べた。

 秋元被告は自民党を離党したものの、いまだ二階派に所属している。派閥幹部には保釈を報告したといい、「無実を証明できれば、元通りの形で政治活動をしたい」と復党への意欲もにじませた。 (山田雄之、山下葉月)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報