東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大津園児死傷 禁錮4年6月 地裁判決 右折の女に「過失重大」

 大津市の交差点で昨年五月、車二台が衝突し保育園児ら十六人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)やストーカー規制法違反などの罪に問われた右折車の新立文子被告(53)の判決で、大津地裁(大西直樹裁判長)は十七日、禁錮四年六月(求刑禁錮五年六月)を言い渡した。当初判決予定だった一月の公判で、被告が従来の主張を変え起訴内容の一部を争うとしたため、審理が再開され判決が延期されていた。

 判決理由で大西裁判長は「対向車を確認するという最も基本的な注意義務を怠った被告の過失は重大だ。園児らが死傷した結果も極めて重い」と指摘。遺族らの被害感情も強く、被告が今後車を運転しないと述べていることなどを考慮しても、実刑が相当だとした。

 判決に先立ち検察側は改めて論告し「被告に反省は認められず、被害者に肉体的、精神的負担を与えた」とした上で、従前通り禁錮五年六月を求刑した。弁護側は最終弁論で「被告の過失は大きいが、直進車の過失もゼロとは言えない」とし、寛大な刑を求めた。

 この日は被告人質問も改めて行われ、新立被告は「直進車のスピードが遅かったり、現場に柵があったりすれば結果は違ったかもしれないが、私が一番悪いと思っている」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報