東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新型肺炎 武漢第5便到着 邦人帰国一区切り

中国・武漢から邦人らを乗せ、羽田空港に到着した日本政府のチャーター機第5便=17日午前

写真

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国湖北省武漢市から滞在邦人ら六十五人を乗せた日本政府の全日空チャーター機第五便が十七日、羽田空港に到着した。感染の有無など健康チェックを受ける見通し。症状がない人は埼玉県和光市の税務大学校に滞在する。

 政府は「湖北省在留で、希望する邦人全員の帰国が実現した」として、チャーター機の運航を第五便で一区切りとすると明らかにした。外務省は「自身の意思で残る邦人の安全確保に、万全の対策を取る」としている。

 第五便に搭乗したのは、邦人とその配偶者や親子で、国籍の内訳は日本三十六人、中国二十九人。武漢市内滞在者は二十八人、武漢市以外の湖北省在住者は三十七人。十二歳以下の子どもが十三人、六十歳以上が六人いた。湖北省で活動していた外務省職員も引き揚げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報