東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新型肺炎 クルーズ船の米国人出国 「感染の乗客44人は日本で治療」

 新型コロナウイルスの感染が広がるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から退避した米国人乗客らは十七日朝、米政府のチャーター機二機で羽田空港を出発し、帰国の途に就いた。

 米紙ワシントン・ポストによると、米国立衛生研究所(NIH)傘下のファウチ国立アレルギー感染症研究所長は十六日、米国人乗船者約四百人のうち四十四人が感染していると明らかにした。

 ファウチ氏はCBSテレビで、感染者や症状が出ている人は日本に残って治療を受けると語った。クルーズ船内では感染する恐れが高いとも強調した。

 船から退避した米国人乗客ら約三百四十人は十七日午前一時四十分ごろ、自衛隊のバス十台に乗り、赤色灯をつけたパトカーに先導されて横浜港を離れた。車内からカーテンを開け、報道陣に手を振る人の姿も。バスの運転手は防護服に身を包み、乗客らもマスクを着用していた。

 チャーター機は西部カリフォルニア州の米軍基地に移動、一部の乗客らはさらに南部テキサス州の米軍基地に向かう。到着後、それぞれの基地で十四日間隔離される。 (ワシントン、東京・共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報