東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

きょう天皇誕生日 まだ還暦 憲法順守 被災地に心寄せる

60歳の誕生日を前に記者会見される天皇陛下=赤坂御所で(沢田将人撮影)

写真

 天皇陛下は二十三日、六十歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち赤坂御所(東京都港区)で即位後初の記者会見に臨み、令和時代の象徴天皇として憲法を順守し、「研さんを積み、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべく努めたい」と語った。

 憲政史上初めて上皇さまの退位に伴って昨年五月一日に即位した感想を「重責に身の引き締まる思いがし、厳粛な気持ちになりました」と述べ、この約十カ月を「ひとつひとつの公務に真摯(しんし)に向き合い、心を込めて大切に務めを果たしてきた」と振り返った。

 適応障害で療養中の皇后雅子さまが、すべての即位関連行事に出席できたことを「私も雅子もとてもうれしく思っております」と語り、国民の温かい祝福に感謝した。家庭での皇后さまは、陛下や長女愛子さまへの細かい心配りなど「公私にわたり良き相談相手」であり、「私もできる限り雅子の力になり支えていきたい」と話した。

 六十歳を迎えたことには「もう還暦ではなく、まだ還暦という思い」と笑顔で語った。

 これまでの人生で印象深い出来事として阪神大震災や東日本大震災などの自然災害に言及。子どもの「心のケア」の必要性にも触れ、「被災地に長く心を寄せていきたい」とした。水害の防災を考える上で、ライフワークとする水問題の研究などから得られる知見を生かしたい、とも述べた。

 原爆投下から七十五年となる広島、長崎にも「世界の平和を心から望む立場として心を寄せていきたい」とした。安定的な皇位継承の在り方が課題とされていることには「制度に関わる事項については、言及は控えたい」とした。 (阿部博行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報