東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新型肺炎 千葉の40代男性が感染 発症後、広島や岐阜へ出張

 千葉県は二十三日、県内在住の四十代男性会社員の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。男性は十二日に関節痛や筋肉痛を発症した後、同日から十四日にかけて新幹線などで広島県や岐阜県に出張していた。広島駅と大垣駅(岐阜県大垣市)からレンタカーで周辺の仕事先を回ったといい、千葉県は感染経路や濃厚接触者の調査を進める。

 千葉県によると、症状は安定している。十二日の発症以降、外出時にはマスクを着用していた。

 男性は十四日に、せきや倦怠(けんたい)感の症状が出たが、十七日と十八日は東京都内の職場に勤務した。十八日に三八・二度の熱が出たため千葉県内のクリニックを受診した。

 十九日のエックス線検査で肺炎の兆候が見つかったため、二十一日に感染症指定医療機関に入院し、二十二日に検査結果が陽性と判明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報