東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

野田虐待死公判 母「できる限り重い刑に」 被告の暴行を証言

 千葉県野田市立小四年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待し死なせたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判公判が二十七日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれた。心愛さんの母(33)は証人尋問で、心愛さんが死亡するに至った二〇一九年一月二十二〜二十四日の状況について「被告が監視し食事をあげられなかった。ぬれた下着姿で風呂場に朝まで立たされていた」と証言した。被告には「二面性があった」とし、「できる限り重い刑にしてほしい」と語った。

 証言によると、トイレに行かせてもらえなかった心愛さんは一九年一月二十三日夜にお漏らしした罰として風呂場に立たされた。母は被告から「心愛が自分で『明日の朝まで立っている』と言った」と聞かされ、翌二十四日午前十時ごろに起きた後、被告に呼ばれて風呂場に行くと、心愛さんはまだ立っていたという。

 二十四日にも心愛さんに冷水シャワーを浴びせたり、馬乗りになって体を反らせたりする暴行があったと証言。夜になって心愛さんが寝ようとすると、被告は「寝るのはだめだから」と再び浴室へ連れて行き、その後、被告から「心愛が動かない。息をしていない」と言われたという。

 勇一郎被告は二十一日の初公判で、傷害致死罪の成立を認める一方、具体的な暴行内容を否定していた。母は二十六日の公判で、心愛さんが一八年十二月下旬〜一九年一月上旬にも被告から暴行を受け、衰弱していたと証言していた。

 母は、勇一郎被告の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われ、執行猶予付きの有罪判決が確定している。

 起訴状によると、勇一郎被告は一九年一月二十二〜二十四日、心愛さんに食事や十分な睡眠を取らせず、浴室に立たせ続けたり冷水シャワーを掛けたりして死亡させたなどとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報