東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新型コロナで首相はもう会見しないの? 菅氏「首相は丁寧に説明した」と明言せず

 安倍晋三首相が全国の小中高校などへの一斉休校要請など、新型コロナウイルス対策を説明した二月二十九日の記者会見を途中で打ち切った対応について、菅義偉官房長官は四日、「総理は国会などで丁寧に説明した」と述べ、会見の再設定には応じない意向を示した。

 四日午前の記者会見で「国民への負担と混乱を考えれば、最低一時間は質問を受ける機会を再度つくるべきではないか」などとの質問に答えた。

 二月二十九日の会見で首相は、十九分の冒頭発言の後、記者五人の質問に回答。十人以上の記者が手を挙げ、フリーランスの記者から「まだ質問がある」と声が上がる中、長谷川栄一内閣広報官が「予定がだいぶ超過している」などとして三十六分間で終了、官邸を出て帰宅した。(望月衣塑子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報