東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

相模原殺傷、あす判決 責任能力の有無焦点

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら四十五人を殺傷した罪などに問われた元施設職員植松聖(さとし)被告(30)への判決が十六日、横浜地裁で言い渡される。犯行当時の刑事責任能力の有無や程度が争点で、検察側は完全責任能力があったとして死刑を求刑し、弁護側は大麻乱用により心神喪失だったとして無罪を主張。裁判員の判断が注目される。 (丸山耀平)

 裁判員裁判の公判で、検察側は「周到に準備して臨機応変に犯行に及び、大麻の影響はあっても小さい」との鑑定医の証言を踏まえ、完全責任能力があったと強調。「障害者を一人の人間として扱い、権利を尊重する社会の価値観と相いれない。極刑以外に選択の余地はない」とした。

 弁護側は、独自に鑑定を依頼した精神科医の「大麻乱用による大麻精神病で、人が変わった状態になった」という証言を基に「大麻を長期間、常用したことで病的で異常な思考に陥った」と反論した。ただ、植松被告自身は「責任能力はある」と述べるなど、弁護人の主張との食い違いもみられる。

 起訴状によると、植松被告は二〇一六年七月二十六日未明、やまゆり園に侵入し入所者を刃物で突き刺すなどして十九人を殺害、二十四人に重軽傷を負わせた。職員も結束バンドで縛るなどし、二人にけがをさせたとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報