東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま刺殺 容疑者は文教大准教授 自転車の妻襲う?

 さいたま市浦和区の埼玉県庁前路上で十六日夕、さいたま少年鑑別所の職員浅野法代(のりよ)さん(53)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された浅野正容疑者(51)は法代さんの夫で、同県越谷市にキャンパスがある文教大の准教授であることが県警浦和署の調べで分かった。

 文教大のホームページなどによると、正容疑者は臨床心理学や犯罪心理学が専門で、「非行や犯罪の発生メカニズムを探求」しているという。被害者を支える「埼玉犯罪被害者援助センター」の理事を務める。ホームページの自己紹介では、少年鑑別所や刑務所に勤務した経験を生かし、「被害者支援を中心とした、社会的な実践活動にも力を入れています」と書いている。

 署によると、二人の間では数年前から口論が絶えず、最近は別居状態だったという。犯行現場では、正容疑者が自転車に乗った法代さんを追い掛けて倒し、馬乗りになって包丁で刺す様子が目撃されていた。法代さんは胸元を複数回刺されていた。署は何らかのトラブルがあったとみて、殺人容疑に切り替えて調べている。

 法代さんが勤めていたさいたま少年鑑別所の玉井清一次長は十七日、取材に応じ「勤務態度に変わりはなく、トラブルは聞いていない。優秀で懐の深い職員だった」と話した。

 法代さんは国家公務員旧I種試験をパスして法務省に入り、昨年四月に同鑑別所に赴任。統括専門官として職員を束ねる立場にあった。夫と子ども三人の五人家族で官舎への入居申請が確認されたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報