東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

<新型コロナ>百貨店や駅ビル休業

百貨店のショーウインドーに貼られた「臨時休業」の知らせ=8日午前10時34分、東京・銀座で(佐藤哲也撮影)

写真

 政府の緊急事態宣言を受け、大手百貨店や駅ビルの商業施設、映画館、レジャー施設は八日、宣言の対象の七都府県を中心に相次ぎ臨時休業に入った。新型コロナウイルス感染症の広がりに伴う店舗休業や営業時間短縮の動きはさらに広がる可能性がある。消費が停滞し、日本経済に大きな打撃となるのは必至だ。

 対象地域の住民は日常生活に大きな制限を受ける日々が続くことになるが、感染拡大が止まり、事態が収束に向かうかどうかは見通せない。

 三越伊勢丹は三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹新宿本店など首都圏にある六店舗を全館で休業。営業再開は宣言の解除後となる。東京の繁華街・銀座では、松屋銀座も全館休業とした。

 生活に欠かせない食品売り場は営業を続けるケースもある。JR東日本系のルミネの場合、全館休業はルミネ新宿など五施設。他の九施設は生鮮食品や総菜を扱う店舗だけ営業する。小田急百貨店の新宿店と町田店も食品フロアのみの営業だ。

 JR大阪駅周辺にある百貨店では、J・フロントリテイリングの大丸梅田店が当面の間、全館で営業を自粛。阪急百貨店梅田本店は五月六日まで平日は食品売り場のみ営業し、土日祝日は全館休業する。八日朝、阪急百貨店梅田本店の前で、大阪府箕面市の七十代女性は「仕方ないが不便になる」と話した。

 各社は食品売り場の営業継続も、状況によって取りやめることがあるという。シネコン大手のTOHOシネマズや、ボウリング場などのレジャー施設を展開するラウンドワンも休業にした。カラオケ店「ビッグエコー」も七都府県の全店舗を休業する。

 外食チェーンでは、日本マクドナルドは休業した商業施設内にある店舗などを除いて、多くは通常通り営業している。一部で二十四時間営業は取りやめた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報