東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > おくやみ一覧 > 記事

ここから本文

【おくやみ】

田辺聖子さん死去 恋愛小説の名手、文化勲章

写真

 男女関係の機微を描いた恋愛小説や軽妙なエッセーなど幅広いジャンルの作品で知られる作家で、文化勲章受章者の田辺聖子(たなべせいこ)さんが六日、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。九十一歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は弟聡(あきら)氏。後日お別れ会を開く。

 親族によると、近年は体調を崩して入退院を繰り返しており、今年四月末ごろから総胆管結石で入院していた。

 一九二八年、写真館の長女として生まれた。樟蔭(しょういん)女子専門学校(現大阪樟蔭女子大)卒業後、会社勤めをしながら、文芸同人誌「文芸首都」に参加。懸賞小説の入選を経て、五〇年代後半から、本格的に創作活動を始めた。

 六四年に恋愛小説「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で芥川賞を受賞。大阪弁を印象的に使った恋愛小説を次々発表し、ファンを獲得した。

 綿密な調査で歴史上の人物の生涯を描く評伝小説でも活躍した。俳人・杉田久女の評伝「花衣ぬぐやまつわる……」で女流文学賞。俳人・小林一茶を主人公にした小説「ひねくれ一茶」で吉川英治文学賞、川柳作家岸本水府の評伝「道頓堀の雨に別れて以来なり」では泉鏡花文学賞などを受賞した。

 源氏物語の口語訳「新源氏物語」では、古典文学の世界を分かりやすく紹介。ユーモアあふれるエッセーにも定評があった。二〇〇二年十月〜〇五年十月、本紙生活面でエッセー「あめんぼに夕立」を連載した。

 一九八七年、平岩弓枝さんとともに直木賞初の女性選考委員になり、二〇〇五年まで務めた。〇六〜〇七年のNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」は、田辺さんの半生がモデルとなった。一九九五年に紫綬褒章、二〇〇八年に文化勲章。

 

この記事を印刷する

PR情報