東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

新閣僚答弁で紛糾 桜田氏、論戦かみ合わず 片山氏、過去の言動謝罪

 5日の参院予算委員会で、桜田義孝五輪担当相ら初入閣した閣僚の答弁に野党側が納得せず、たびたび紛糾する場面があった。

 立憲民主党の蓮舫氏は2020年東京五輪・パラリンピック関連の政府予算が当初の見込み額を超えていると指摘。桜田氏に政府の支出が最終的にどこまで膨れ上がるかをただした。

 桜田氏は直接答えず「東京都と組織委員会が責任を持っている。(政府は)取り組みを支援する立場だ」などと要領を得ない答弁を繰り返したため、審議は数回にわたって中断した。当初見込み額の「1500億円」についても「1500円」と言い間違え、慌てて訂正する一幕もあった。

 蓮舫氏から、閣僚として自身がふさわしい点を問われると「なぜ選ばれたか分からないが、首相が適材適所で選んでいるので、しっかり取り組む」と答えた。

 一方、立民の杉尾秀哉氏は、片山さつき地方創生担当相の「生活保護は生きるか死ぬかのレベルの人がもらうもの」とする過去の発言について追及。片山氏が「所管外」として回答を拒否すると、杉尾氏は反発し質疑がストップした。再開後、片山氏は「もしも不快に思われた方がいたら大変申し訳ない」と陳謝した。

 片山氏は17年のテレビ討論番組で加計学園の獣医学部新設を巡り四国を「離れ小島」と述べたとただされ「気分を害された方がいたら申し訳ない」と発言を認め、謝罪した。片山氏は「周囲を海で囲まれたエリアでは感染症に備える必要が高いという(意味の)発言で、四国の皆さまを傷つけるつもりではない」と釈明した。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報