東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「答弁書を間違いなく読むことが最大の仕事」 桜田五輪相、スマホは「使う」

写真

 桜田義孝五輪担当相=写真=は二十二日の衆院内閣委員会で、閣僚の責務について「多くのスタッフの協力に基づき、答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事だと思っている」と述べた。答弁書を繰り返し朗読する様子を野党議員に批判され、反論した。 (中根政人)

 国民民主党の斉木武志氏は「コミュニケーションができない。自分の言葉で答えてほしい」と求めた。これに対し、桜田氏は「正確に答弁しようということだ。感情に任せて答えることはしない」と述べた。

 日常的にパソコンを使わないとした自身の発言を巡っては「パソコン教室に何回か行ったが、忙しすぎて自分で覚えるのはやめようと(思った)」と説明。スマートフォンは使うかと質問され「便利なので一日に何回も使っている。心配いらない」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報