東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

新元号公表 4月1日 首相年頭会見 改元は5月1日

年頭記者会見をする安倍首相=4日午後、三重県伊勢市で

写真

 安倍晋三首相は四日、三重県伊勢市で年頭の記者会見を行い、平成に代わる新元号を四月一日に公表すると正式に発表した。改元の政令を同日に閣議決定した後に公表する。今の天皇陛下が署名して公布された後、五月一日に皇太子さまが新天皇に即位されると同時に改元するとも話した。改元の一カ月前に公表する理由について「国民生活への影響を最小限に抑える観点」と説明した。

 改元の政令については、今の陛下の在位中に公布されると、改元までは平成と新元号が併存する印象を国民に与えるとして、自民党保守派が新天皇即位後の公布を求めていた。

 首相は、改元に当たっては官民の情報システム改修などに準備期間をなるべく長く取る必要があると判断し、一カ月前の公表を決めた。

写真

 首相は会見で、新元号の選定手続きについて「平成改元時の手続きを踏まえつつ決めたい」と語った。有識者懇談会などで意見聴取した後、最終決定する。

 一九八九年の改元では、昭和天皇が逝去された一月七日に、政府が「昭和」の次の元号を「平成」とする政令を閣議決定し、即位直後の今の陛下が公布。翌日から施行され「平成」となった。

  (関口克己)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報