東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国会図面、尺をメートルに 補修迅速化へ作業着手

縮尺が尺で表記された建設当時の国会議事堂本館の平面図(国立国会図書館デジタルコレクションより)。下は四角で囲った縮尺部分を拡大した画像

写真

 衆参両院は、大正時代に設計され一九三六年に完成した国会議事堂本館の設計図について、長さの単位を尺貫法の尺からメートルに直す作業に着手した。図面を見ても長さが直感的に分からず不便が続いていた。地震などで被害が発生した際の補修工事を迅速化できるという。

 国会議事堂の幅は二〇六・三六メートル、中央の塔の高さは六五・四五メートルと半端だが、尺貫法なら六百八十一尺と二百十六尺で、尺貫法で設計されたことが分かる。尺貫法は、六六年にメートル法に完全移行した。

 衆院事務局によると、現存する図面は長さを尺やインチで記述。修繕担当者は「図面を見てもピンとこない」と不自由を感じていたが、予算の制約から見直しは先送りされてきた。

 作り替えるのは、鉄骨などの骨格を示す約七百三十枚の「構造図」。三月までに約千九百万円をかけて作製する。同時に電子化し、約三百六十枚にまとめる予定だ。構造図はテロ対策のため非公開で、新たに作製する図面も公開しない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報