東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

レーダー電波情報 韓国側に提示も 防衛相「協議次第で」

 岩屋毅防衛相は八日の記者会見で、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、機密を保持した上で、照射された電波情報などを、防衛当局間協議で韓国側に示す可能性があると明らかにした。

 岩屋氏は「協議を深めるため、機密を保持した状態で(電波情報を)交換するのは、協議の行方次第ではある」と説明。電波情報の一般公開については「自衛隊の能力に関わることなので控える」と否定した。

 電波情報はレーダーごとに特徴が異なり、種類を特定できる。韓国側は「火器管制レーダーは使用していない」と主張している。岩屋氏は、韓国側が四日に公表した動画については「主張の具体的な理由が説明されていない」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報