東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

米軍訓練、馬毛島買収へ 政府、160億円で最終調整

鹿児島県西之表市の馬毛島=昨年10月

写真

 政府は、米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地である鹿児島県西之表市・馬毛島を巡り、二〇一八年度内にも土地を所有する企業との間で売買契約を結ぶ方向で最終調整に入った。百六十億円程度の金額が検討されている。政府関係者が九日、明らかにした。

 政府関係者によると、現在、地権者である東京の開発会社と詰めの協議を行っている。防衛省幹部は「本年度内の決着に向け、国会審議などで説明できる金額で契約したい」としている。

 馬毛島への移転に関し、防衛省は一九年度予算で環境調査費として約六億円を計上している。菅義偉官房長官は九日の記者会見で「南西地域の防衛体制充実のため自衛隊施設を整備し、空母艦載機の訓練候補地として検討を進めている」と説明。「早期に恒久的な施設を整備できるように取り組む」と語った。

 FCLPの移転を巡り、日米両政府は一一年に馬毛島を候補地として選定。関係者によると、当初、地権者側が四百億円での購入を政府側に要求するなどしたため、交渉が難航していた。

 馬毛島は、種子島の西約十二キロにある広さ約八平方キロの無人島。FCLPはかつて艦載機の拠点だった厚木基地(神奈川県)で実施されていたが、現在、東京都・硫黄島で暫定的に行われている。

<陸上空母離着陸訓練(FCLP)> 米軍が空母での離着艦技術を維持・向上するため、戦闘機が地上の滑走路を艦船の甲板に見立てて実施する離着陸訓練。日本政府は鹿児島県西之表市・馬毛島に自衛隊の施設を建設して訓練用に提供することを検討している。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に所属する輸送機オスプレイの訓練移転先としての活用も想定している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報