東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日オランダ首相、自由貿易を推進 会談で一致

 【ロッテルダム=共同】安倍晋三首相は九日午後(日本時間十日未明)、オランダ南部ロッテルダムでルッテ首相と会談し、大阪で六月に開催される二十カ国・地域(G20)首脳会合を見据え、自由貿易推進で協力する考えで一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者会見で、米中両国の貿易摩擦を念頭に「グローバル化に対する不満が保護主義への誘惑や鋭い対立を生み出している」と指摘。「私たちリーダーは自由貿易が国民を豊かにする力の源だと理解してもらう責任がある」と訴えた。

 会談で両氏は、大阪でのG20首脳会合を成功させるため協調すると確認した。日本が議長国を務め、オランダも招待国として参加する。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効を二月に控え、経済関係の強化でも合意した。

 北朝鮮の核問題では「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を実現する必要性を申し合わせた。

 西村康稔官房副長官は会談後、ルッテ氏が日本の国際捕鯨委員会(IWC)脱退について触れたため、安倍首相が日本の立場を説明したと記者団に明らかにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報