東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

少子化担当相が杉並で視察 企業主導型保育所「質確保し広めたい」

園児に離乳食を食べさせる宮腰光寛少子化対策担当相=東京都杉並区の「すぎこっこ保育園」で

写真

 宮腰光寛少子化対策担当相は十七日、東京都杉並区の企業主導型保育所「すぎこっこ保育園」を視察した。企業主導型は政府が待機児童対策の切り札として導入したが、休園や定員割れが相次ぎ、内閣府で見直しを検討している。宮腰氏は視察後、記者団に「今後は質を確保しながら広めることが課題だ」と述べ、認可保育園並みの基準も視野に保育の質の向上を図る考えを示した。

 同園は、同区で運輸業と福祉事業を手掛ける「杉並交通」が二〇一六年十月に認可外保育施設として設置。翌年四月から企業主導型へ移行した。

 保育室は社宅の一室を改装した約六十平方メートルで、ゼロ〜二歳児を十人預かる。常駐スタッフ四人のうち調理以外の三人は全員保育士と手厚い。宮腰氏は園児らに離乳食を食べさせ、「友達がいるから(視察で)人がたくさんいても落ち着いているね」と話しかけた。

 開設当初は、工事費、運営費ともに全額企業負担のため、保育料は七万〜八万円と高額だったが、企業主導型として公的補助を受ける現在は二万〜三万円と認可保育園並みになった。杉山錬秀(れんしゅう)社長は「女性社員は出産後の復帰の際に預け先がなくて困っていた。人手不足の業界なので、この制度を活用できて助かっている」と記者団に話した。 (安藤美由紀)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報