東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

レーダー協議打ち切り 防衛省最終見解 照射音を公開

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、防衛省は二十一日、照射を裏付ける新証拠として、哨戒機が当時探知した電波を音に変換した記録を防衛省ホームページで公開した。問題への最終見解も発表し「これ以上実務者協議を継続しても真実の究明には至らない」と韓国側との協議を打ち切る方針を示した。韓国国防省は信号音を「実体の分からない機械音」とし、協議打ち切りに「深い遺憾」を表明した。 

 防衛省は、哨戒機が照射されたレーダー波を音にし、情報の保全措置を施して公開した。強い音が約十八秒間続く。韓国側は「捜索用レーダーだった」と主張していることから、違いを比較できるように一般的な捜索用レーダーの電波信号の音も公開した。

 防衛省の担当者は「音だけで必ずしも火器管制レーダーだと分析できるわけではないが、これまで公開した動画や日本側の主張と組み合わせれば、他国を説得するには十分」と強調した。

 最終見解では「客観的に事実認定するためには、日韓の情報を突き合わせた上での判断が不可欠」と指摘。二回の実務者協議で、韓国側がデータ照合の提案に応じなかったことを批判した。哨戒機が駆逐艦に対し低空飛行で近づいてきたとする韓国側の指摘については、最も接近した時でも高度約百五十メートル、距離約五百メートルだったとした。

 韓国側との協議は「もはや困難」だとする一方、日韓・日米韓の防衛協力は「東アジアの安全保障環境の維持のため極めて重要」だとして協力態勢を維持する意向も示した。 (上野実輝彦)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報