東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日ロ首脳、今夜会談

 【モスクワ=大杉はるか】安倍晋三首相は二十二日午後(日本時間同日夜)、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談する。平和条約締結交渉の前進を目指す。北方四島の主権を巡り日ロ両国は対立する立場にあり、トップ同士の会談で打開策を探る。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十二日午前の記者会見で、首脳会談について「建設的な議論を期待したい」と語った。

 両首脳の会談は二十五回目。先の日ロ外相会談の結果を踏まえ、今後の協議の方向性を確認するとみられる。日ロ間の貿易投資の拡大や北朝鮮の非核化実現に向けた連携も確認する見通しだ。

 両首脳は昨年十一月の会談で、平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島を引き渡すとした一九五六年の日ソ共同宣言を基礎に、交渉を加速化させることで合意した。

 交渉責任者に任命された河野太郎外相が今月十四日にロシアのラブロフ外相と会談した際は、四島の主権についてラブロフ氏が第二次世界大戦の結果ロシアに移ったと主張し、平行線に終わっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報