東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国民・自由、合流へ 大筋合意

 国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は二十二日夜、東京都内で会談し、両党が合流する方向で大筋合意した。両党所属議員が全員合流すれば、参院で野党第一会派になる。夏の参院選に向けて存在感を高めるとともに、国会運営で主導権を握るのが狙いだ。

 両党は、自由党が解党し、国民民主党に加わる形での合流を検討している。今後、党内でそれぞれ協議し、二十八日召集の通常国会までに手続きを終えたい考えだ。ただ同様の構想は昨年秋にも浮上し、国民民主党内の反対論で頓挫した経緯があり、不確定要素も残っている。

 会談後、玉木氏は記者団に「連携強化で一致した。具体的な形は党内議論を踏まえて最終決定したい」と語った。小沢氏は「小異を捨てて大同につく。国民のための政治を実現するとの一点で、協力し合うことが大事だ」と強調した。

 自由党に所属する国会議員は衆院二人と参院四人の計六人。参院は立憲民主党会派が二十五、国民民主党会派が二十三。自由党が加われば二十七となり、野党第一会派となる。衆院の野党第一会派は、立憲民主党会派のままで変更はない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報