東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

静止画ダウンロード刑事罰 文化審最終報告案 漫画、小説も違法

写真

 文化審議会の小委員会は二十五日、著作権者に無断で公開された漫画や小説など「静止画」のダウンロードを違法化し、刑事罰を科すとした最終報告案を取りまとめた。文化庁は二十八日召集の通常国会に、罰則適用を盛り込んだ著作権法改正案を提出する方針だ。

 最終報告案は、海賊版サイトによる被害が拡大し、規制の必要性があると強調。現在は映像と音楽に限定している違法ダウンロードの対象を、静止画を含む著作物全般に拡大することが「有力な選択肢」とした。ただ委員から慎重意見が相次いだことから、小委は、案文を一部修正する可能性を示唆した。

 有償で提供される著作物のダウンロードを対象に想定、映像や音楽と同様、二年以下の懲役か二百万円以下の罰金またはその両方を科すのが適当とした。抑止効果を高めるため、海賊版だけでなく個人のブログや会員制交流サイト(SNS)に取り込まれた違法著作物も対象となる見込み。

 また利用者を海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の運営や、リンク情報の提供に対しても刑事罰を導入するべきだと明記。罰則の内容は政府が今後検討する。

 この日の会合では、委員から罰則拡大に賛否両論が出た。一部委員は連名で「現在の案では国民の不安や疑問を払拭(ふっしょく)できていない」との意見書を提出。小委が二十五日公開した意見公募結果でも、出版業界などから賛成意見が出る一方「議論が尽くされていない」との反対意見も目立った。

 政府は、海賊版サイトの閲覧を強制的に止める「接続遮断(ブロッキング)」の法制化も目指したが、有識者会議で慎重論が相次ぎ、断念した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報