東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

山梨知事に自公推薦新人

 与野党対決となった山梨県知事選が二十七日投開票され、新人の元衆院議員長崎幸太郎氏(50)=自民、公明推薦=が現職の後藤斎氏(61)=立民、国民推薦=ら三人を破り初当選した。地元の保守分裂の影響などをかわし、安倍政権は四月の統一地方選と夏の参院選が重なる「選挙イヤー」の初戦を制した。投票率は57・93%で、前回二〇一五年を16・08ポイント上回った。

 自民党は山梨県知事選を「この一年を左右する選挙」(岸田文雄政調会長)と位置付け、昨年末から二階俊博幹事長や菅義偉(すがよしひで)官房長官らが長崎氏支援のために次々と山梨入りする組織戦を展開した。

 県連内の一部は、公然と後藤氏で動いたが、長崎氏はこれまで衆院山梨2区で議席を争ってきた自民党岸田派の衆院議員と融和を図り、支援を取り付けた。

 当選を決めた長崎氏は、同県昭和町内で「停滞した県の状況を改め、前進しないといけないという思いで大同団結できた結果だ」と記者団に語った。

◆山梨知事選開票結果

当 198,047 長崎幸太郎 無新=自公

  166,666 後藤斎 無現=立国

  17,198 米長晴信 無新

  16,467 花田仁 諸新=共

 全票終了

長崎幸太郎(ながさきこうたろう) 50 <1>

自民党幹事長政策補佐(元)衆院議員・財務省課長補佐▽東大      

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報