東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

辺野古、新護岸着工 軟弱地盤避け、埋め立て加速 

写真

 政府は二十八日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事を巡り、埋め立て海域東側で新たな護岸の造成に着手した。防衛省沖縄防衛局が明らかにした。未着工の区域での新設で埋め立てを加速させる。移設に反対する県が強く反発するのは必至だ。

 新たに着手したのは、長さ百三十五メートルの「N4」護岸。政府はこれまで、埋め立て海域北側の一本と南側六本の計七本の護岸に着工しており、全体で八カ所目となる。埋め立て海域東側では、N4から離れた場所の海底に「軟弱地盤」が確認されており、政府は今春にも地盤改良に向けた設計変更に着手する方針。ただ、県は変更を認めない構えで、沖縄防衛局は県への申請が必要ないN4などの護岸工事を優先して進める。

 政府は、N4とつながる「K8」護岸(約五百十五メートル)のうち、二百五十メートル分の造成も今春までに実施する方針。両護岸を埋め立て用土砂運搬船の桟橋として利用することも検討する。

 沖縄県は護岸造成について、工事の前提となる事前協議が調っていないとの立場で、即時中止を求めている。辺野古移設の賛否を問う県民投票が二月に予定されており、反対の民意を明確にし、埋め立てを進める政府に対抗する構えだ。

 移設工事による周辺環境への影響を検討する「環境監視等委員会」が二十二日に沖縄防衛局で開かれ、新たに護岸造成が始まっても周辺に生息するサンゴに影響がないと結論付けていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報