東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

沖縄知事が基地初視察 米軍返還の現状確認

米軍基地の視察を終えた沖縄県の玉城デニー知事=31日午前、沖縄県読谷村で

写真

 沖縄県の玉城デニー知事は三十一日、米軍牧港補給地区(浦添市、約二百六十九ヘクタール)を訪れた。昨年十月の知事就任後、米軍基地の視察は初めて。その後、米陸軍トリイ通信施設(読谷村、約百九十ヘクタール)も訪問。日米両政府が二〇一三年に合意した米軍嘉手納基地(嘉手納町など)より南の米軍施設・区域の返還計画の現状を確認するのが目的だ。

 視察後、玉城氏は読谷村で記者団に「沖縄の過重な負担軽減のために基地の整理縮小は不可欠で、着実に進める必要がある」と述べた。

 牧港補給地区は浦添市の面積の約14%を占め、兵たん補給基地の機能を持つ。日米両政府は、倉庫群をトリイ通信施設へ移すことなどを条件に、同地区の段階的な返還に合意している。

 昨年三月末には当時の施設面積の約1%に当たる約三ヘクタールが先行返還された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報