東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

防衛相「設計変更を早期提出」 辺野古、軟弱地盤改良で

 岩屋毅防衛相は二十五日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古沿岸部の新たな区域への土砂投入に関し「気象条件などを検討した結果、工事を進めたいということで県に届け出た」と説明した。

 岩屋氏は「日本を取り巻く安全保障を考えると、南西地域の抑止力を減退させるわけにはいかない。辺野古への移設を実現し、一方、普天間の全面返還を成し遂げて沖縄の負担軽減につなげたい」と強調した。

 辺野古で見つかった軟弱地盤の改良に向けた設計変更について、岩屋氏は「沖縄県に納得していただける変更を行い、できるだけ早く県に提出できるよう努力したい」と話した。

 沖縄県今帰仁村(なきじんそん)で、沖縄本島周辺で生息が確認されていた絶滅危惧種の海獣ジュゴン三頭のうち一頭とみられる雌の死骸が見つかり、残り二頭も最近、姿が確認されていない。これについて岩屋氏は「(二頭は)見つかれば、しっかり保護できるような対応も考えていきたい」と話した。

 防衛省の鈴木敦夫整備計画局長は、二頭が確認されていないことについて「工事による影響とは言えない」と話した。

 いずれも立憲民主党の有田芳生氏への答弁。有田氏は「工事の影響だ。工事を止めて、話し合う期間を設けるべきだ」と指摘した。 (清水俊介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報