東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

中高年ひきこもり、若年層超え 61万人 内閣府推計

 内閣府は二十九日、半年以上にわたり家族以外とほとんど交流せず、自宅にいる四十〜六十四歳のひきこもりの人が全国に六十一万三千人いるとの推計値を公表した。中高年に関する調査は初めて。男性が76・6%で、ひきこもり状態になったきっかけは退職が最も多い。就職氷河期を経験したことなども背景にあるとみられる。期間は七年以上が半数近くを占め、長期化・高年齢化が裏付けられた。

 三人に一人が高齢の親に経済的に依存していることも判明。福祉の現場では親が八十代、本人が五十代で生活が困窮する「八〇五〇問題」も指摘されており、きめ細かな支援が急務だ。二〇一五年に若年層(十五〜三十九歳)を対象にした調査ではひきこもりの人は約五十四万人で、今回はこれを上回った。

 内閣府の担当者は「ひきこもりは若者特有の現象ではない」と強調。調査時期の違いなどはあるが全体で百万人を超えるとの見方を示した。調査は昨年十二月に実施。四十〜六十四歳の人がいる全国五千世帯を調査員が訪問し、本人や家族から外出の頻度、ひきこもりの期間やきっかけ、生活水準などを聞いた。

 期間は「三年以上五年未満」が21・3%で最多。一方、七年以上の人は合計で46・7%だった。

 きっかけ(複数回答)は「退職したこと」36・2%、「人間関係がうまくいかなかった」「病気」がともに21・3%、「職場になじめなかった」19・1%の順。就職氷河期世代に当たる四十〜四十四歳の三人に一人は「二十〜二十四歳」でひきこもり状態になっており、就職活動がうまくいかなかったことが原因になった可能性がある。

 父親か母親が生計を立てているとしたのは34・1%。親の年金が頼りというケースもあり、全体の三人に一人が暮らし向きを「上」「中」「下」のうち「下」と答えた。

 初めてひきこもりになった年齢は「六十〜六十四歳」が17・0%で最も多かったものの、全年齢層で大きな偏りはなかった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報