東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

出入国在留管理庁が発足 外国人就労の司令塔役

 法務省の外局として、出入国在留管理庁が一日発足し、開庁式が開かれた。同日スタートの外国人就労拡大の新制度で、司令塔的な役割を担う。開庁式で、山下貴司法相が「共生施策は新しい役割で、わが国の将来像にも影響を与える重要なものだ」とあいさつ。同日付で就任した佐々木聖子初代長官が「日本社会にとっても、外国人材の皆さんにとっても歓迎されるよう進めていこう」と職員に訓示した。

 開庁式に先立ち、東京・霞が関の庁内では、入管庁の看板の除幕式も実施した。「出入国在留管理庁」の文字は、山下氏の依頼で安倍晋三首相が揮毫(きごう)したという。

 新制度では、在留資格「特定技能」を創設し、今後五年間で最大約三十四万五千人の受け入れを想定している。業務量の大幅な増大が見込まれることから、法務省入国管理局を格上げした。入管庁は出入国の審査のほか、日本に在留する外国人の生活支援も所管する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報