東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

衆院2補選きょう告示 参院選試金石 大阪12区、沖縄3区

 衆院大阪12区、沖縄3区の補欠選挙が九日告示される。統一地方選とともに夏の参院選の試金石となり、与野党が全力を挙げる。大阪12区は大阪都構想を巡る七日の大阪府、市ダブル首長選で勝利した日本維新の会に自民党や共産党などが挑む構図。沖縄3区は米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設の是非が最大の争点だ。投開票日は統一地方選後半戦と同じ二十一日となる。

 大阪12区は、自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う補選。北川氏のおいで自民党新人北川晋平氏(32)と、共産党現職宮本岳志氏(59)=比例近畿、日本維新の会の新人藤田文武氏(38)、無所属の元総務相樽床伸二氏(59)が立候補を予定している。宮本氏は無所属で出馬する。

 大阪ダブル選では、維新系の地域政党・大阪維新の会が自民推薦候補を制した。北川氏は「弔い合戦」と位置付け、自民の議席死守に懸命だ。樽床氏は長年地盤とする選挙区で議席奪回を目指す。共産党は他の野党に宮本氏支援を求める。

 沖縄3区は、沖縄県知事に転身した玉城(たまき)デニー氏の衆院議員失職を受けて実施。自民党の元沖縄北方担当相島尻安伊子(しまじりあいこ)氏(54)は辺野古移設容認を明確にした。自由党が無所属候補として擁立するフリージャーナリスト屋良朝博(やらともひろ)氏(56)は二月の県民投票で埋め立て反対が多数だった民意の尊重を訴える。両氏の一騎打ちの見込みだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報