東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相らの地元を意識 国交省 自民幹部の要望公開

 国土交通省は八日、道路整備で安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と話した塚田一郎元国交副大臣と、吉田博美自民党参院幹事長が昨年十二月二十日に会談した際のやりとりを記録した、省内の連絡メールを衆院に提出した。吉田氏は道路整備に関し「総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう」と首相や麻生氏の地元の事業であることを意識した発言をしていた。

 吉田氏は面談で塚田氏に、北九州市と山口県下関市を結ぶ「下関北九州道路」の建設計画を、国の直轄調査に引き上げるよう要望。国交省道路局長や担当課長が同席した。国交省はこれまでに、二〇一九年度予算でこの道路の調査費計上を決めたのは、会談よりも後だったと説明している。

 衆院国交委員会理事会に提出されたメールによると、吉田氏は報道陣への公開部分で「総理、副総理の地元とは関係なく、中国・九州の経済や後世のためオールジャパンで必要な道路」だと発言。塚田氏は「前向きに検討していきたい」と応じた。吉田氏は報道陣退出後に「総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう。与党、公明党、野党で協力して進めていく」と発言していた。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「(忖度したとの)塚田氏の発言に符合する内容だ」と指摘している。 (木谷孝洋)

◆国交省メール内容

 下関北九州道路を巡る塚田一郎国土交通副大臣(当時)と吉田博美自民党参院幹事長の昨年十二月二十日の会談記録として、国交省が衆院に提出したメールの主なやりとりの内容は次の通り。 

 吉田氏 参院議員連盟の会長をさせていただいている。総理、副総理の地元とは関係なく、中国・九州の経済や後世のため、オールジャパンで必要な道路。大会のあいさつでも総理、副総理のことには言及しなかった。

 無駄な公共事業と言われているうちに公共事業が無駄と思われるようになったが、必要なものは必要。早く国で引き取って、施工に向けて進めてほしい。

 塚田氏 地元の調査結果をしっかり受け止め、前向きに検討していきたい。

 −マスコミ退席−

 国交省担当者(池田豊人道路局長または担当課長) 必要性ははっきりしている道路。

 吉田氏 総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう。与党、公明党、野党で協力して進めていく。

 塚田氏 財務相にも要望していただき感謝。

 吉田氏 今後のことはいつぐらいに対外的に言えるようになるのか。

 国交省担当者 (二〇一八)年度末になる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報