東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

安倍政権の体質問う 衆院、大阪・沖縄2補選告示

 衆院大阪12区、沖縄3区の補欠選挙が九日、告示され、計六人が立候補を届け出た。沖縄3区は米軍普天間(ふてんま)飛行場の名護市辺野古(へのこ)移設を争点に与野党が一騎打ちで争う。大阪12区は「大阪都構想」を掲げてダブル首長選を制した日本維新の会と、敗北した自民党を含めた四候補の混戦。参院選の前哨戦として、「忖度(そんたく)」発言で揺れる安倍政権の体質そのものも問われる。投開票はいずれも二十一日。 

 玉城デニー沖縄県知事の衆院議員失職を受けた沖縄3区補選はフリージャーナリストで無所属新人の屋良朝博氏(56)と、元沖縄北方担当相で自民党新人の島尻安伊子氏(54)=公明推薦=の争い。選挙区には普天間飛行場の移設先である辺野古があり、新基地建設を容認する島尻氏と、反対する屋良氏が論戦を繰り広げる。

 自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う大阪12区補選には、共産党の元衆院議員で無所属の宮本岳志氏(59)=共産、自由推薦、日本維新の会新人の藤田文武氏(38)、無所属元職の樽床伸二氏(59)、北川氏のおいで自民党新人の北川晋平氏(32)=公明推薦=が立候補した。

 藤田氏は、七日の府知事選と大阪市長選で地域政党・大阪維新の会が勝利した勢いに乗りたい構え。北川氏は「弔い合戦」を演出して対抗。樽床氏は地盤の選挙区で再起を期し、宮本氏は他の野党に支援を呼び掛ける。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報