東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「参院選 必勝期す」 首相、補選2敗受け

 安倍晋三首相は二十二日午前、衆院大阪12区、沖縄3区両補選で自民党候補が敗れたことについて「大変残念な結果になった。夏の参院選に向けて自民党の一人一人が結果を胸に刻み、いま一度しっかり身を引き締めて必勝を期したい」と官邸で記者団に述べた。

 今後の政権運営に関しては「内政、外交で一つ一つの政策課題について結果を出すことで国民の負託に応えていく。全力を尽くしたい」と語った。

 沖縄3区補選で争点となった米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設を巡っては「沖縄の基地負担の軽減を図って結果を出していくことが大切だ」と述べ、従来通り新基地建設を進める考えを示した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「それぞれの地域の事情を含めて、真摯(しんし)に結果を分析したい」と語った。この後、国会内で開かれた政府与党協議会では、桜田義孝前五輪相や塚田一郎元国土交通副大臣の発言について「失言が相次いだことをおわびする」と陳謝した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報