東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国民民主、自由と合併 両党首合意 党名、政策は維持

合併に合意し、記者会見で握手する自由党の小沢一郎共同代表(左)と国民民主党の玉木雄一郎代表=26日未明、東京・永田町で

写真

 国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は二十六日未明、国民本部で会談し、両党の合併に関する合意書に署名した。党名は国民民主党のままで、基本政策も引き継ぐ。解散した自由を国民が吸収合併する。二十六日、総務省へ届け出る。安倍政権への対立軸を明確化することも掲げた。両代表はそろって記者会見。代表を続ける玉木氏は「自民党に代わり政権を担う選択肢をつくる第一歩だ。今後も幅広い結集を呼び掛ける」と話した。

 小沢氏も「立憲民主党の枝野幸男代表が野党全てに声を掛けて結集を図るのがベストだ」と強調。小沢氏の役職は未定で「玉木代表の指示を受ければ指示通り頑張る」とした。

 国民の所属議員は衆参両院で五十八人、自由は離党意向の山本太郎氏を除くと六人で計六十四人となる。国民内では、消費税増税を巡り旧民主党の分裂を招いた小沢氏への警戒感がくすぶっており、離党者が出る可能性もある。

 懸案となっている参院岩手選挙区(改選数一)の野党統一候補に関し、小沢氏は「もう一度、野党間で話し合うことで一致した」と語った。

 関係者によると、国民が合併を議論した両院議員懇談会には約三十人が出席。二十五日夜に始まり、両院議員総会で結論を出すまで七時間近くに及んだ。総会の採決では、小沢氏と同じ岩手県選出の階猛(しなたけし)憲法調査会長のほか近藤和也衆院議員、大野元裕、足立信也両参院議員が合併に反対した。

 総会後、階氏は記者団に「最終的に党を離れるか、他の選択肢があるか、県連の仲間と話し合って決めたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報