東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

核合意履行を要請 河野氏、イラン外相と会談

会談を前に握手する河野外相(右)とイランのザリフ外相=16日午前、外務省で

写真

 河野太郎外相は十六日午前、イランのザリフ外相と外務省で会談し、イラン核合意の履行を継続し、中東の緊張を緩和するよう要請した。ザリフ氏は核合意から離脱する考えはないとし、日本側に履行に向けた協力を求めた。

 河野氏は核合意について「二国間関係だけでなく、国際的な核不拡散体制のための枠組みだ」と指摘し、合意の履行継続を要求。米国との関係改善に向けた行動を求めた。ザリフ氏は緊張を高めているのは米国だと不満を示したが、合意から離脱はしないと表明した。

 ザリフ氏はこの後、官邸で安倍晋三首相と会談した。首相は「現在の中東を巡る状況が大変緊迫化していることを懸念している」と述べた。ザリフ氏は「緊迫した状況下で、首相といろいろと意見交換したい」と話した。 (大杉はるか)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報