東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

新幹線整備で自民・谷川氏 「佐賀の対応 北朝鮮のよう」

 自民党の谷川弥一衆院議員(長崎3区)が、九州新幹線長崎ルートで未着工の新鳥栖−武雄温泉(佐賀県)の新幹線建設に反対している佐賀県の対応に関して「山口祥義知事に『韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言していたことが十九日、分かった。谷川氏は取材に対し、発言が不適切だったとして「謝罪、修正したい」と語った。

 谷川氏は長崎ルートの整備方式を議論している与党検討委員会のメンバーで、佐賀県関係者は「整備方式は短時間で簡単に決められる話ではない。あまりにもひどい発言だ」と反論した。

 谷川氏は十八日、二〇二二年度の暫定開業を目指し、フル規格で建設が進んでいる長崎ルートの武雄温泉−長崎の長崎県内にあるトンネル工事現場を視察した。

 佐賀県は新鳥栖−武雄温泉にフリーゲージトレイン(軌間可変電車)を導入する国土交通省などとの合意が前提という立場で、新幹線建設には多額の財政負担が必要などとして反対している。

 谷川氏は取材に対して「整備が一向に進まない現状にいらだちがある。お互いの立場を考えて付き合ってほしいとの趣旨だった」と説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報