東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日本遺産新たに16件 東北の「金」や群馬の里沼

日本遺産に認定された岩手、宮城両県の「みちのくGOLD浪漫」の構成文化財である世界遺産の「中尊寺金色堂」=岩手県平泉町で

写真
写真

 文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の16件を新たに認定した。第5弾の認定で、日本遺産は計83件となった。岩手、宮城両県の金産出の歴史を伝える「みちのくGOLD浪漫(ろまん)」や、三重県の「海女(あま)(Ama)に出逢(であ)えるまち 鳥羽・志摩」などが新たに加わった。

 日本遺産は、地域活性化や観光振興につなげようと二〇一五年度から毎年認定。東京五輪・パラリンピックがある二〇年度までに百件程度に増やす。今回、岩手、鹿児島、沖縄三県でも初めて認定され、遺産がないのは東京都のみとなった。

 「みちのくGOLD浪漫」は、三陸地方に点在する金山跡や、金色堂(こんじきどう)で知られる世界遺産・中尊寺(岩手県平泉町)などで構成。金の産出と独自文化の歴史が実感できると評価された。

 「海女に出逢えるまち」は、海女漁の技術や関連する地元の祭りを含む。日本の海女文化を象徴し、訪日外国人客への訴求力も高いとされた。

 このほか西国三十三所(さいこくさんじゅうさんしょ)の巡礼をテーマにした七府県の「一三〇〇年つづく日本の終活の旅」、琉球料理や泡盛(あわもり)、芸能といった沖縄県の伝統文化も選ばれた。一七年度に認定された北前船(きたまえぶね)ゆかりの「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間」は新たな構成文化財の追加を認め、所在は計十六道府県となった。

<日本遺産> 地域の文化財の魅力を高め、観光資源として積極的に活用する目的で、文化庁が認定している。寺社や城郭、祭り、伝統芸能など複数の有形・無形の文化財で構成される。有識者委員会が、外国人にも分かりやすい物語性や日本遺産を生かした地域振興策などを審査する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報