東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

ローマ字表記「姓・名」順で 文科相要請へ

 柴山昌彦文部科学相は21日の記者会見で、日本人の氏名をローマ字で表記する際、国内外で一般的とされる「名・姓」の順番ではなく、日本語表記と同様に「姓・名」の順にするよう政府機関や都道府県などに要請する考えを明らかにした。文化庁が近く通知する。

 菅義偉官房長官は会見で「これまでの慣例など考慮すべき要素が多々ある」と、慎重な対応が必要との認識を示した。

 文化庁の国語審議会は2000年に「言語や文化の多様性を意識し、生かしていくべきだ。ローマ字表記においても姓・名の順が望ましい」との答申を出した。文化庁は当時、政府機関や都道府県、国公私立大、新聞放送出版業界に対応を要請した。

 柴山氏は趣旨が共有されていないとした上で「改めて周知を図る」と強調した。文科省のホームページでも名・姓の順で表記された部分があり、今後は姓・名の順に変更する。

 河野太郎外相も会見で、日本人名のローマ字表記を名・姓の順から姓・名の順に変更するよう海外の報道機関に要請する考えを表明。中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席や韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領を姓・名の順に記している報道機関が多いとし「安倍晋三首相もABE・SHINZOと表記してもらうのが望ましい」と述べた。

 河野氏は3月、日本人名に関し、外務省の英語表記を姓・名順に変更する検討を表明した。

 菅氏は「まずは関係省庁で何ができるかを検討することが大事だ」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報