東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

10月即位パレード ルート決定 警備、見通し良し 沿道、見晴らし良し 

写真

 政府は二十一日、天皇陛下が十月二十二日に国民に即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」について、前回一九九〇年に上皇さまが通られたルートを一部変更すると決めた。高速道路の高架に沿った部分を少なくし、警備上の観点からも見通しの良さを重視した。皇位継承に伴う一連の儀式の詳細を検討する「式典委員会」会合で、委員長の安倍晋三首相らが了承した。

 パレードのルートは皇居・宮殿から赤坂御所までの全長約四・六キロ。天皇、皇后両陛下が乗車したオープンカーは国会議事堂正門前や赤坂見附交差点、青山通りなどを経由し、沿道に集まった国民から祝福を受けながら、約三十分間かけて進行する計画だ。

 式典委では、決定したルートに加え、前回九〇年と同じルート、九三年の両陛下のご成婚パレードと同じルートの是非を検討。山本信一郎宮内庁長官は「開放的で見晴らしが良く、沿道から両陛下のお姿が拝しやすい経路がふさわしい」と主張した。

 杉田和博官房副長官は「視認性や開放性に優れ、沿道の収容能力や周辺の交通への影響にも配慮されている」として、新ルートが適切だと提案。他の出席者から異論はなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報