東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「公正な貿易関係に」 国賓、米大統領が来日

レセプションに到着し、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(手前)と握手を交わすトランプ米大統領。左端はメラニア夫人。右端はハガティ駐日米大使=25日、東京都港区の米国大使公邸で(代表撮影)

写真

 トランプ米大統領は二十五日夕、令和最初の国賓として、メラニア夫人と共に大統領専用機で羽田空港に到着した。その後、東京都内の米大使公邸で開かれた企業経営者らとの会合に出席し「もう少し公正な貿易関係にしてもらいたい」と対日貿易赤字削減に、日本がさらに努力するよう迫った。二十七日には安倍晋三首相と会談。北朝鮮核問題や、日本人拉致問題解決のための日朝首脳会談実現に向けた連携を確認する。トランプ氏は二十八日まで滞在する。 (後藤孝好)

 トランプ氏は企業経営者らとの会合で、日本との貿易交渉に触れ「数カ月のうちに何らかの発表ができることを期待している」と話した。日本が米国製の軍事装備品を多く発注していることに謝意を表明。企業に対しては、米国へのさらなる投資を求めた。

 会合にはトヨタ自動車の豊田章男社長やソフトバンクの孫正義会長兼社長らが出席した。

 トランプ氏は日本に移動中の機内で、首相とは「貿易や軍事面について議論するつもりだ」とツイッターに書き込んだ。

 貿易交渉では、関税の扱いなどで日米の主張が対立し、二十五日の茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との協議でも立場の差は埋まらなかった。首脳会談では、閣僚級協議を促進し、早期妥結を目指す方針の確認にとどまる見込み。

 トランプ氏は二十六日に千葉県内のゴルフ場で首相とプレー後、大相撲夏場所千秋楽を升席で観戦。トランプ氏は米大統領として初めて土俵に上がり、幕内優勝した朝乃山関に「米国大統領杯」を授与する。

 二十七日は午前に皇居で天皇、皇后両陛下と会見、夜に宮中晩さん会に出席する。首脳会談で首相は、条件を付けずに金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談実現を目指す考えを伝え、協力を求める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報