東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

パンプス強制「業務で必要」 厚労相容認?の発言 反対「#KuToo」広がる中

 女性にハイヒールやパンプスを強制する職場があることに関し、根本匠厚生労働相は五日の衆院厚労委員会で「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと思います」と述べた。事実上の容認とも取れる発言だ。足を痛めるなどとして着用強制に反対する活動が広がっており、発言は波紋を呼びそうだ。

 職場でのハイヒールやパンプスの着用を巡っては、強制をやめるよう「靴・苦痛」を掛け合わせた「#KuToo」と名付けられた動きがオンラインで広がり、三日には約一万八千八百人超の署名と要望書が厚労省に提出された。

 立憲民主党の尾辻かな子氏は「就職活動や接客の職場を主として、着用が必須となっているところが多い」と指摘。足を痛めたり、転倒の危険性が高くなったりするとして「職場での義務付けは時代に合わない」とただした。

 これに対して、根本氏は「いろんなケースがあると思うが、業務上必要かどうか、要は社会慣習にかかわるものではないか」と語った。一方で高階恵美子厚労副大臣は「強制されるものではない」と明言し、見解が分かれた。

 尾辻氏は「女性だけへの強制はハラスメントに当たるのではないか」と追及。根本氏は「社会通念に照らして、業務上必要かつ相当な範囲を超えているかがポイントだと思う。足をけがした労働者に強制する場合はパワハラに該当する」と述べるにとどめた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報