東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

麻生氏「年金不足でない」 老後2000万円 貯蓄で補てん前提

 麻生太郎副総理兼金融担当相は十四日の衆院財務金融委員会で、高齢夫婦の老後資金に関する金融庁金融審議会の報告書にある「月に五万円の赤字」との記述について「著しい誤解や世間への不安を与える。政府のスタンスと違う」として否定した。不足額は貯蓄を取り崩して穴埋めする前提で「赤字」には当たらないとの考えを示した。野党は、麻生氏の説明が「手前勝手なその場しのぎだ」(立憲民主党会派の大串博志氏)と強く反発した。

 報告書は厚生労働省が金融審議会の市場ワーキング・グループ(WG)に示した数値に基づき、高齢者世帯の収入と支出の差額を「月に五万円の赤字」とし、必要な金融資産を「三十年で二千万円」と試算。一方で、こうした世帯の平均貯蓄額を二千四百八十四万円と見積もった。

 麻生氏はこれらの数値について「高齢者世帯の平均的な収入と支出の差や、貯蓄額を述べたにすぎない」と強調。「赤字」とされた差額部分は貯蓄などで補うことが前提で「公的年金に不足があるという感じで述べたものではない」との考えを示した。

 質問した大串氏は、麻生氏が報告書の受け取りを拒んでいることについて「選挙の前で注目が集まったから、焦って言い出している」と批判した。麻生氏は「法令上の問題があるとは考えていない。選挙向けのパフォーマンスと指摘したいようだが、そのつもりは全くない」と反論した。

 金融庁の三井秀範企画市場局長は、報告書について「ミスリーディングであり不適切だったと反省している」と謝罪した。

 「月五万円の赤字」は、菅義偉(すがよしひで)官房長官が記者会見で「WGの議論で厚労省から説明したのは事実」と指摘。「三十年で二千万円」の試算について、WG独自の意見であり、政府見解ではないと説明している。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報