東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

五輪交通テスト 来月24・26日 首都高入り口閉鎖など

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は十九日、大会期間中の渋滞対策の策定に向け、七〜八月に実施する道路交通量の抑制テストの内容を発表した。選手村や競技会場近くにある首都高速道路の入り口四カ所を終日閉鎖する交通規制などで、都心に流入する自動車を減らす効果を検証する。公共交通機関の混雑も緩和するため企業にテレワークなどの協力を呼び掛ける。

 首都高などの交通規制は開会式一年前の七月二十四日と、交通量が多いと見込まれる金曜日の二十六日に実施。入り口の閉鎖のほか、首都高など十一カ所の料金所で開放するレーン数を制限する。混雑しやすい高速道の路線付近の入り口五十カ所も交通量に応じて閉鎖する。

 一般道では環状7号で、午前五時から正午まで都心方向の青信号の時間を短縮する。

 企業へのテレワークや時差出勤などの協力の呼び掛けは、七月二十二日〜八月二日、八月十九〜三十日を集中取組期間とし、夏季休暇や有給休暇の取得の奨励や物流の抑制も求める。

 大会期間中の新たな渋滞対策として、新国立競技場と施設が集中する臨海部の二カ所で一般道に専用レーンを設置することも明らかにした。複数車線のうち一車線で大会関係車両以外の通行を禁止する方針だ。

<東京五輪の渋滞対策> 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会や東京都は、大会期間中に関係者や観客が競技会場までスムーズに移動できるよう、首都高速道路の交通量を通常時の休日並みに減らす目標を掲げている。テレワークや時差出勤といった企業の協力による交通量削減に取り組むほか、首都高の料金を日中を中心に千円引き上げる「ロードプライシング」の導入が検討されている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報