東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

<参院選>改憲勢力、3分の2割れも 終盤情勢、投票先4割未定

写真

 二十一日投開票の参院選について本紙は十六日、独自の取材に共同通信社が十四〜十六日に行った電話世論調査の結果を加味して終盤情勢を分析した。自民、公明の与党は改選百二十四議席の過半数六十三を超える情勢だ。与党に改憲に前向きな日本維新の会を加えた改憲勢力は八十議席を超える勢いだが、非改選(無所属議員含む)と合わせて改憲発議が可能な三分の二(百六十四議席)を割る可能性がある。

 世論調査では、選挙区、比例代表ともに40%以上が投票先を「未定」としており、今後情勢が変わる可能性もある。

 自民は、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党四党の統一候補との対決になった三十二の改選一人区で二十議席程度を固めた。改選定数二以上の複数区では北海道と東京で二議席獲得が有力で、千葉、広島でも二議席獲得を視野に入れる。比例代表は前回二〇一六年の十九議席を上回る可能性もある。

 公明は目標とする十三議席以上の達成が見えてきた。七選挙区のうち苦戦の兵庫に注力する。

 立民は十三ある改選複数区で着実に議席を伸ばし、改選九議席から倍増する勢い。東京では二議席確保を視野に入れる。比例代表は十議席前後となる見込みだ。

 国民は改選八議席を割り込む可能性が高い。選挙区では愛知、静岡、長野では善戦しているが、それ以外は苦戦。比例代表でも伸び悩んでいる。

 共産は、東京で議席確保のめどが立ったほか、京都でも議席獲得を目指して激しく争っている。比例は四議席程度を固めている。

 維新は、地元の大阪で二議席獲得を視野に入れる。兵庫でも当選圏内に入り、比例代表と合わせて改選七議席を超える可能性がある。

 社民は比例代表で議席を確保しそうだ。

 山本太郎参院議員が代表を務める政治団体「れいわ新選組」は、比例代表で議席を得る可能性がある。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報