東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

イラン沖有志連合の米説明会 日本大使館員出席へ

 西村康稔官房副長官は十八日午前の記者会見で、イラン沖ホルムズ海峡の安全確保に向けた米国の有志連合構想を巡り、米政府が十九日に開く説明会に在米日本大使館の担当者を出席させると明らかにした。

 西村氏は「適切に対応するものと承知している。イラン情勢を巡っては日米間で緊密にやりとりしている」と述べた。

 有志連合への自衛隊派遣の有無については「コメントを差し控えたい。関係国と連携し、中東における緊張緩和と情勢の安定化に向け、外交努力を継続していく」と述べるにとどめた。

 米政府は有志連合構想に関し、国務省と国防総省が十九日に各国外交団との非公開会合を開くと発表。米国がイランの関与を主張している日本のタンカーなどへの攻撃を受けた対応で、各国に有志連合に参加し、民間船舶の警護や周辺海域の監視に協力するよう求めるとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報