東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

元徴用工仲裁委を拒否「国際法違反 是正を」 河野外相、韓国大使呼び出し抗議

南官杓駐日韓国大使(右)を外務省に呼び出した河野外相=19日午前

写真

 河野太郎外相は十九日、南官杓(ナムグァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び、元徴用工訴訟問題を巡る日本政府の仲裁委員会開催要請に応じなかった韓国政府の対応に抗議した。南氏は、日本が既に拒否した両国企業の出資を柱とする韓国提案の解決策に再び言及。河野氏は「極めて無礼だ」と不快感を表明した。南氏は日本の輸出規制強化を「一方的だ」と非難し、主張の応酬となった。

 河野氏は韓国の対応について「非常に残念だ」と強調。「国際法違反の状態をこれ以上野放しにせず、直ちに是正措置を取ることを強く求める」として、被告日本企業に実害が出ない解決策を講じるよう求めた。南氏は「本国に伝える。両国関係を損なわせずに訴訟が終結されるよう環境づくりに努力している」と答えた。

 韓国側の解決策提案に対し河野氏は「既に受け入れられないと伝えている。知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼だ」と反論した。

 南氏は、日本による半導体材料の輸出規制強化に関し「日本の一方的な措置によって、日韓の国民と企業が困難な状況に陥っている」と批判した。韓国産業通商資源省幹部は十九日、局長級による日韓協議を二十四日までに開催するよう重ねて日本側に呼び掛けた。

 河野氏は会談後、元徴用工問題について「韓国側によって引き起こされた厳しい日韓関係の現状に鑑み、韓国に対して必要な措置を講じる」と新たな対抗策を示唆する談話を発表した。

 韓国は、仲裁委開催要請に対し期限の十八日中に回答しなかった。日韓請求権協定に基づく紛争処理手続きが具体化しないまま終わり、日本側は国際司法裁判所(ICJ)への提訴に向けた検討を本格化させる。当面は韓国に適切な措置を改めて促し、出方を見極める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報