東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

韓国大使、基金案を再提示 河野外相「無礼」と不快感 元徴用工仲裁拒否巡り

南官杓駐日韓国大使(右)を外務省に呼び、抗議する河野外相=19日午前

写真

 河野太郎外相は十九日、元徴用工訴訟を巡る日韓請求権協定の仲裁手続きに韓国が応じなかったことを受け、南官杓(ナムグァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び、是正措置を求めた。南氏は解決策の土台として、日韓両企業の基金による賠償案を提示しようとしたが、河野氏は「改めて提案するのは極めて無礼」と不快感を示し、提示を受け付けなかった。

 河野氏は南氏に、仲裁手続きに入れなかったことを「非常に残念」と伝え、韓国政府が補償金を払うなどの対応をとるよう要請した。日本政府は元徴用工への日本側の補償は請求権協定で解決済みとの立場で、韓国政府に「国際法違反状態の是正」を一貫して求めている。

 一方、南氏は、日本政府による半導体材料の輸出規制強化について「韓日関係の根幹を損なう状況は、一刻も早く解消されるべきだ」と撤回を求めた。その上で、元徴用工問題について韓国政府が提案している基金案について「基礎として解決策を」と言及したところ、河野外相が「ちょっと待ってください」と、南氏の言及を遮った。

 河野氏は南氏に対し、徴用工問題と輸出規制強化措置について「関連しているかのように位置付けるのはやめていただきたい」と苦言も呈した。

 河野氏は会談後、記者団に「(基金案は)解決策にならない。それをベースに議論するということにはならない」と語った。 (大杉はるか)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報