東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

辺野古移設「進める」 菅氏、沖縄選挙区結果問われ

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十二日午前の記者会見で、参院選沖縄選挙区で野党統一候補が自民党候補を破ったことに関連し、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設に伴う名護市辺野古(へのこ)への新基地建設について「さまざまな環境を整備しながら進めさせていただく」と工事を続ける考えを示した。

 菅氏は「地元の理解を得る努力を続けながら、普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現し、基地負担の軽減に努めたい」と話した。

 改憲勢力が改憲発議に必要な三分の二を割ったことを巡っては「(衆参両院の)憲法審査会で与野党がそれぞれの考え方を示した上で、建設的な議論を踏まえ、国民的な議論につなげてほしい」と述べた。

 自民、公明両党の幹事長、国対委員長は同日午前、国会内で会談し、二十九日に衆参両院の議院運営委員会を開き、参院選後の臨時国会の日程を正式決定することを確認した。政府・与党は臨時国会を八月一日に召集する日程で調整中。

 会談では、参院選で与党が改選過半数を確保したことを受け、国会審議などを丁寧に進めることを申し合わせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報