東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

立民が会派合流要請 国民・社保は前向き

 立憲民主党の枝野幸男代表は五日、国民民主党の玉木雄一郎代表や衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦代表と相次いで会談し、立民の衆院会派に合流するよう要請した。「強力な野党第一会派をつくり、政権交代へと向かっていきたい」と狙いを説明した。今月中旬の合意を目指す。玉木、野田両氏は前向きな姿勢を示しており、会派レベルで旧民進党勢力が再結集する可能性が出てきた。

 枝野氏はこれまで「永田町の数合わせにはくみしない」と強調し、野党再編につながる動きには消極的だった。ただ、参院選の結果が想定より振るわず、れいわ新選組なども議席を獲得。党内から次期衆院選に向けた戦略見直しを求める声が出ていた。

 会談後、枝野氏は会見し、方針転換について「国会議論を進める上で、ステージ、局面が変わった」と語った。玉木氏からは「ありがたい提案だ」、野田氏からは「歓迎したい」とそれぞれ回答があったと明らかにした。参院での合流に関しては、参院選で立民と国民の候補が争った選挙区もあるとして要請は見送った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報